眼科・小児眼科
きとう眼科クリニック
愛知県長久手市下山46-6
TEL: 0561-63-2200

医療機器

● OCT-Angiography (RS-3000  Advance2  ) 

OCT ( 光干渉断層計)とは、黄斑や視神経乳頭など網膜の断層検査(眼底三

次元画像解析)をする装置です。 

緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑円孔などの診断、治療

に役立ち、経過観察を効果的に行うことが出来ます。 

検査は短時間で終わります。OCT-Angiography は造影剤を用いることなく,OCT

撮影をするだけで網膜・脈絡膜血管内の血流の状態が把握できる新しい技術

で、定期的な経過観察を必要とする患者さんにも安全な眼底検査です。 

● ハンフリー   HFAⅢ 

自動視野計 緑内障特に初期から中期中心付近視野検査を行います。

標動かず、固定された視標輝度を変化させて感度を測定する装置です。

自覚症状にない初期段階で小さい異常を調べる事ができます。 

当院の機器は新搭載の直感的なインタフェースにより、検査時間を短縮することができます。 

●眼底カメラ  AFC-330 

瞳孔を拡げる点眼を使用せずに眼底写真を撮影することが可能です。

低光量での撮影が可能で、従来の眩しさを軽減。

撮影は簡便であり、緑内障などの有無の判定に大変有用です。 

●レーザー光凝固装置 

レーザー治療はこれまで治療ができなかった部分を治療できたり、手術をしな

ければ治せなかった病気を治療できる方法です。  

網膜剥離の進行予防や糖尿病網膜症・眼底出血・網膜裂孔にも使用することが

あります。  

 

●ノンコンタクトトノメータ  NT-530 

角膜圧測定装置 眼圧(目の硬さ)を測定する装置です。 

緑内障の早期発見に有用です。  

●オートレフケラトメータ ARK-1  

屈折度測定装置  近視、遠視、乱視の有無や程度、角膜の曲率を測定します。

眼の調節力や白内障の進行状態を把握できます。 

●スリットランプ  SI130

角膜から眼底まで光を当てて精密に検査を行います。

角結膜炎、白内障、緑内障などさまざまな疾患を診察します。 

●レンズメーター TL7000

ご利用されている眼鏡の度数などを測定できます

●ポータブルスリットランプ SL-17

手持ち式のスリットランプです。ベビーカーの小さなお子様や車椅子の方が移動する

ことなく眼の診察することができます。 

●液晶視力表 CV7000

大型液晶パネルを採用し、液晶の視力表はいろいろな文字や絵もだせますの

お子さまの検査にもとても有用な視力検査表です。